一般社団法人 日本シニア検定協会 / 日本シニア検定協会について / 理事紹介、設立趣意書など

メインビジュアル - 日本シニア検定協会画像

超高齢社会を支え合う日本をつくろう
TOP画像01(一般社団法人 日本シニア検定協会について) TOP画像02(日本シニア検定テキスト販売!) TOP画像03(第4回 日本シニア検定協会 総会開催!)

グローバルナビゲーション

 日本シニア検定協会役員紹介

TOP

新年度をもって、新役員が決定しました。

理事長

浅井 篤

東北大学大学院 医療系研究科 医学部

医療倫理学分野教授

医学博士

副理事長

浅井 たみ子

看護師、介護支援専門員

愛知介護・美容職業訓練校グローリア21
校長

理事

石坂 泰造

株式会社たたぷらす 代表取締役
エステティックジャーナル 編集長

理事

川森 重樹

株式会社アルワン 代表取締役

理事

田中 成臣

株式会社アクシス 代表取締役

理事

下鶴 紀之

合資会社あすわひのき 代表社員

看護師、介護支援専門員

理事

浅井 あゆみ

㈱グローリアツゥェンティーワン 専務取締役

保健師、看護師

理事

美島 めぐみ

㈱グローリアツゥェンティーワン 常務取締役

看護師

理事

深谷 隆雄

深谷隆雄税理士事務所

税理士、ファイナンシャルプランナー

業務執行理事

江端 ひとみ

㈱グローリアツゥェンティーワン
代表取締役

業務執行理事

江端 朗夫

㈱グローリアツゥェンティーワン 顧問

監事

安藤 洋治

伊勢予約センター

会長

片山 さつき

参議院議員

顧問

浅井 正仁

名古屋市議会議員

 

 日本シニア検定協会とは(設立趣意書) 

現在の日本は超高齢社会であり既に4人に1人が高齢者である。

今後、更にこの割合は進み10年後の平成35年には3人に1人の割合に迫る勢いです。 この様な急速な環境変化の中、従前の通り一定年齢により補助される側と補助する側が一律に区分される制度は成立しなくなっている。

今後は高齢者が其々に維持している能力に応じ経済活動にせよ社会貢献にせよ活動を継続していくことが重要になってくる。 我々はこの状況において高齢者の活動を支援する環境が構築される為に、最も基本的な要素である高齢者に関する知識と情報を速やかに社会に浸透させる。そして、その知識と情報は正確且つ、正しく偏りの無いものでなければなりません。それを実現すべく日本シニア検定協会を設立致します。

高齢者が活動を広げていく場面において高齢者同士の共生、高齢者と若者との共同作業など様々な組合せが発生してくるでしょう。この様な中、周りの人間は何に注意をすれば高齢者にその環境を提供できるのでしょうか。そして、高齢者と共生し、共同作業が可能になるのでしょうか?

それはお互いを知ること、高齢者は自分自身の老化に関する知識とその対処法を、若者はまだ実感することのない老化に対する知識を持ち、肉体的、精神的な特徴を踏まえて高齢者と接していく。このことが大変重要となります。

又、社会制度もより日本が活性化していく為に変わっていくことが必要でしょう。その為には現制度を理解し、今後も日本が元気でいるために老若男女がより長く健康で活動的に社会と共生していけることを目標とした改正をしていかなくてはなりません。

日本シニア検定は全ての方が最低限知っておくべき高齢者の知識と情報を提供するものです。